レンズタイプによるケアについて

カラコンにはハードタイプとソフトタイプの2つのタイプがあり、それぞれ1day以外の商品はケアをしなければなりません。また、ハードタイプとソフトタイプではケアが異なります。正しいケアを行うためにもここではそれぞれのケアについて紹介します。

まず、ソフトタイプについてですが、必要なケアとしては洗浄、すすぎ、消毒、保存、たんぱく除去の5つの順にケアを行います。ソフトタイプは5つのステップを行う必要があり、それに合うケア用品を揃えましょう。ソフトタイプがなぜ、5つのステップを毎回行わなくてはならないのかと言うと、水分が多く含まれているため、雑菌が付着しやすいからです。念入りにケアを行わないと汚れを完全に取り除くことはできないのです。きれいにするためにもこの5つのステップを行いましょう。

次にハードタイプですが、ソフトタイプと違い、水分が少ないタイプなので、消毒を行う必要はありません。また、水道水などでの洗浄も可能です。基本的なケアシステムとしては洗浄、保存、たんぱく除去の3つだけでいいので、それほど手間がかかることはありません。

ソフトタイプとハードタイプの2つのケアについて紹介しましたが、使うレンズのタイプに応じてケアを変更しましょう。