ハイヤーの上質な接客を体感したい

ハイヤーは上質な接客を体感できるサービスです。丁寧な接客はあらゆるところで体感できますが、上質な接客というのはどこにでもあるものではありません。まず、ハイヤーは乗車するときに、ドアを開けてもらえます。タクシーであれば自動でドアが開くサービスがありますが、まさにそのサービスが実際に手動で行われます。ドラマで観たことがあるようなサービスに感動することでしょう。もちろん開け方もスマートな所作。ハイヤーの運転手は上質なサービスを提供するために、各種研修を受けており、マニュアル化されている部分だけではなく心からのおもてなしをしてくれます。

不思議とお姫様にでもなったかのような対応をされると、自然と背筋がピンと張り、セレブになったかのような気持ちでいられます。ドアを開けてもらって乗り込んだ車も内装から高級感にあふれており、シートも固くなく柔らかすぎることもない不思議な座り心地。どうやら、腰の悪い人でも疲れにくいシートのようです。高級車は外観だけではなく、構成されているすべてのものが高級なものにあふれているのだと感じずにはいられません。普段からこのような車に乗ることが普通である生活をしている人も少なからずいます。しかし、多くの人はそうではありません。まさに、非現実ともいえる世界がハイヤーにはあるのです。

最近では自宅に車を持たない家庭が東京都内には増えているそうです。休日にしか乗らない、乗っても月に1~2回という場合、思い切って車を手放す人が増えています。東京都内の場合、交通網が発達しているため、車を持たないと行動できないことはまずありません。その代わりとなるものはいくつもあるからです。滅多に乗らない車を手放したからこそ、必要であるものが見えてくることもあるでしょう。

ハイヤーは子どもたちにも体感させた方がいい経験です。このような上質な接客やサービスに触れ合う経験は保護者がはたらきかけないとできないこと。子どものうちから、本物に触れ合っておくことは教育上大切でしょう。人も車もサービスも多様化の時代にあるため、お金という対価を払うと経験できると子どもたちも認識できます。さらに、ハイヤー運転手の質の高い接客制度は言葉使いや所作を学ぶ点において必要なことです。「子どもなのに贅沢だ」という声も多く聞かれますが、子どもだからこそ成長過程でよいものに触れ合う機会を作ってあげることが親の愛情表現のひとつといえます。